今の時代とは

唐突な質問ですが、皆さんはこれまでに借金をしたことがありますか。この質問の応えに関して言えば、恐らく今までに借金をしたことの無い人は殆どいないでしょう。給料日前に同僚や有人から「ちょっと」借りるのも借金です。これはある意味気軽な借金です。生活に困って借金をするケースもあります。クレジットを利用したり、消費者金融を利用したり、これも当然借金です。1回だけであったり、急にどうしても利用しなければならない事情があって、尚且つその後にすぐに返済できる目処が立っているというのならともかく、何度も何度も利用したり、数社の消費者金融を利用するようになるとこれはかなり危険です。こうしたクレジットや消費者金融を利用する際には注意が必要です。これらのテレビCMでは必ず「ご利用は計画的に」の文字が流されていますが、まさにその通りです。これらクレジットや消費者金融とは別に、昔ながらの質屋があります。手持ちの物を質入してお金に換える伝統的な方式ですが、これも一種の借金です。あと例えば住宅やマイカー等を購入する場合、つまり高価な買い物をするケースです。こういったケースで利用するローンも、言ってみれば借金です。場合によってはこうしたローンも肩に重くのしかかってきます。
こうしてみると世の中には数多くの種類の借金の方法があります。以上の例を並べてみると、借金をしたこと無い人は殆どいない、というのもお分かりでしょう。ある意味、私たちの生活は借金と密接に関わっています。また思い切って言い換えれば、余程の大金持ちでもない限り、借金の無い生活は考えられないと言ってもいいでしょう。
借金と言うと、正直言ってあまり聞こえのいい言葉ではありません。私たちは借金という言葉を聞くとどうしても暗い=悪=地獄といったマイナスのイメージに結び付けてしまいます。それはある意味間違っていません。借金で身を滅ぼした、という話はいくらでも聞きます。借金は放っておけば知らぬ間にどんどんと膨らんでいって、いつしか本当に身を滅ぼしてしまうでしょう。確かに借金はしないに越したことはありません。もしやむをえない事情で借金をする必要が出てきたときには、慎重になることが求められ、同時にむやみに借金することは避けるべきです。
とはいえ借金の中には上手な借金、いい借金というものもあるのです。ここではあまり詳しくお話しませんが、いい借金というのは、その借金を元手にして財産を増やすことができるケースです。例えば皆さんが不動産が買おうとしていて、その不動産が一等地にあったり、将来周辺地域の開発が進んで必ず値上がりすることが期待できる場合です。そのあ場合は借金、即ちローンを背負ってでも思い切ってその不動産を購入するべきなのです。すると晴れてその不動産を手にしたとき、借金を返しても余りある資産が皆さんの手元に残っているはずです。企業経営も同じことです。大きなビジネスチャンスがあって将来大きな利益が見込めると判断した場合、銀行から融資を受けてでも設備投資をしたり、新規事業に力を入れたりすることが肝要です。目論見どおりにいけば、銀行からの融資分を返済してもそれ以上の売り上げが残り、多くの利益を上げることになります。
いい借金があれば当然悪い借金もあります。ここまでお読みになった方はお分かりでしょうが、悪い借金はいい借金の反対、即ち新たな財産、お金を生むことに繋がらない借金です。この悪い借金の典型的な例が消費者金融等金融機関の「ハシゴ」です。例えばとある
消費者金融からお金を借りるとします。で、この時点でその返済をきちんと計画せず、つまり返済のあてをきちんと考えることなく借りてしまったために直ちに返済に困ってしまう、困った挙句別の消費者金融からお金を借りて、その前の消費者金融から借りたぶんの返済に充てる…といった例です。いうまでもなく、これは継ぎ接ぎをやっているだけで、根本的な解決にはなりません。そのうち利息がかさんできて、行き詰ってしまうのは目に見えています。借金がたまりにたまって、苦境に陥ることになります。こうした結末は誰の目にも明らかです。
残念ながら長引く不景気で、こうした苦境に陥る人が増えています。そうした人たちの多くがこの悪い借金によって追い詰められた結果です。ですが万が一不幸にも皆さんがこうした状況に陥ってしまっても、絶望することはありません。こうした皆さんを救ってくれるのが債務整理という方法です。これを上手く利用すれば、借金が帳消しにできたり、軽減できたりします。皆さんが本当に多額の借金の返済に困っているのなら、この債務整理という方法を調べて使ってみない方法はありません。
この不景気の時代、私たちには必死で生き残る覚悟が必要となっています。多額の借金を抱えてしまっても、いままでのことを悔やんでいる暇はありません。過去がどうあれ、前を向いて進んでいくことが必要なのです。皆さんがこの債務整理について知り、借金返済に目処をつけ、新たに前へ進んでいくことを希望しています。

Valuable information

座布団の販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/auc-epalette/
うさぎ用品
http://www.pappyfarm.com/
名札
http://www.nafuda.jp/
結婚式のペーパーアイテムをお探しなら
http://www.rakuten.co.jp/aromariage/
インプラント治療(前橋)
http://www.himawarishika.biz/